デザイン

  • 外観
  • 共用部

静謐へといざなう、正統なる邸宅の作法。

エントランスアプローチ完成予想図

奥行のある悠然たる階段から、プライベートな時がはじまる。

天然石貼の擁壁。風格を高める門柱。その先には、緩やかにアプローチの奥へと導く悠然たる階段。正統的な邸宅のエントランス演出として、古くから用いられてきた空間作法を踏襲しました。足元に広がるのは、煌めく雲母が美しい御影石。自然の豊かな風合いと重厚感を添える本物の素材で、迎賓の装いを与えています。満ち足りた時間のときめくような序章として、趣向を凝らした空間です。

外観完成予想図

凜とした空間のシェイプ、その造形に高き美意識を込めて。

歳月を経てもなお、端正な美を感じていただけるフォルムの意匠。外壁には素材を活かして焼成を行い質感を追求したタイルを用い、深みのある風合いと重厚感を与えました。南面バルコニー側のファサードに、フレーム状の壁面をさらに加えることでデザイン性を高めています。全体的な装飾性を抑制し、空間のシェイプを鮮明に起ち上げました。凜とした佇まいに、独創的な存在感を感じていただける造形です。

資料請求資料請求

※掲載の各完成予想図・イメージイラストは、設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調・植栽等に変更が生じる場合があります。また、一部を透かして描いています。予めご了承ください。※各タイルの色調は印刷の都合により実際とは多少異なります。